私は毛深いほうではありませんが、やはり毎日髭剃りは欠かせません。しかし、電気カミソリで髭を剃っていると、時々、剃り残しをしてしまいます。
ある日の夕方から飲み会があり、皆でワイワイ騒いでいる時、友人から、おい鼻毛が出てるぞと言われました。まさかと思って、触ってみると鼻毛ではなく、鼻の下に髭の剃り残しがあり、それが夕方になって更に伸び、あたかも鼻毛に見えたようです。

酒が入った席とは言え、鼻毛の指摘を受けたのは冷汗ものでした。鼻毛ではなく、剃り残しの髭であっても、やはり指摘された事は恥ずかしく、それからは剃った後を撫ぜ、また鏡でじっくり確認する習慣を付けるようにしました。

電気カミソリより、T字カミソリなどの方が剃り残しは少ないのかも知れませんが、出勤前の忙しい時間帯にには、やはり電気カミソリが便利です。剃り残しが生じにくい電気カミソリは、どんな種類が良いかも様々試して見ました。

結局は、電気カミソリの種類よりも、髭の生える方向に対して逆撫でし、外歯が髭をひらってくれるように剃る事が決め手で、その作業がやり易い種類のカミソリが、あえて言えば剃り残しが少ない種類という事になりそうです。やはり道具より使い方とチェックですネ。それでもしている人はヒゲが本当に濃くて硬いし永久脱毛しようかと本当に思っているようです。それだけひげが濃いとやっぱり永久脱毛って考えるでしょうね( ;∀;)